テクニカム

ドライコーティングのテスト機を設置している「テニクカム」は、お客様と当社の技術コミュニティセンターです。ここでお客様の商品開発のための研究・実験を行い、実験を通じて製品に最適な成膜装置のスペックを提案するなど生産機の設計を全面的にサポートいたします。

テスト機「Wet&Dry成膜装置」についてはこちら
搬送方法、成膜方法でお悩みではありませんか?

フィルムやフィルム以外の材料(例:金属箔,雲母などの無機材料,繊維材料など)を走行させながら成膜する製造方法では、停止状態で成膜する実験データとの違いが生じます。このため、生産機に近いサンプルが生産できる操作性の良い「テクニカム」設置の小ロット用生産機を使い、実際の生産で有効なデータを蓄積することをお勧めします。
 お客様の用途に応じたスペック提案によるカスタマイズはもちろん、このようにして得られた検証データをもとに、当社は最適な生産機の設計を行います。

 実際にあったQ&Aについてはこちら
まずは、お問い合わせください

基材、成膜材料、膜厚の条件によって、コーティング技術は異なります。まずは当社にお問い合わせください。豊富な知識と経験をもとに、そのソリューション方法を提案いたします。
 また、テストは有料にて承っております。

PAGE TOP