製品・サービス情報

繊維機械

連続アルカリ減量加工機“ジェット-スリム”

概要機械の構成と特徴オプション性能
概要

本機はポリエステル織物の苛性ソーダによる連続式減量加工機です。新合繊・新々合繊対応の高性能処理機として種々考慮されており、特殊設計のバッドスチーム方式の採用でデリケートな新合繊・新々合繊特有の折れ、シワ、伸びを解消し、高減量率の加工ができ、均一な減量加工が得られます。減量加工機としての心臓部であるスチーマ本体はローラコンベア部とL型コンベア部とで構成され、ローラコンベア部は過熱蒸気の雰囲気中で減量の促進を図り、L型コンベア部はスチーマ全面に設けられた水槽の水を常に煮沸させて均一なる飽和蒸気雰囲気とし、エプロンコンベアは特殊機構を採用し、処理布に均一な熱量を与え、滞留長は500mとしているので、長時間の滞留ができ、高い反応効率が得られます。
本機は1名のオペレーターで操作できますので非常に生産性に優れています。

写真
機械の構成と特徴
写真

1.布導入・浸漬・絞り部
アルカリ浸漬長を長く取り、均一な浸透を与えています。マングルローラは耐アルカリ構造の特殊構造としています。

写真

2.スチーマローラコンベア
ローラコンベアで加熱雰囲気中を水平移動させて減量促進を図り、全てのローラは強制駆動させて極力テンションを少なくし、折れ、シワの発生防止を図っています。

写真

3.スチーマL部コンベア
L型コンベア部には布はループ形成され、フリーの状態で下部水槽からの飽和蒸気によってスチーミング効果が与えられます。L型コンベアは特殊構造として滞留布に均一に飽和蒸気が与える構造としております。

写真

4.洗浄部
オープンソーバと横型水洗機、並びにマングルより構成されています。
各槽内ローラは強制駆動とし、洗浄水はカウンタフロー方式を採用し、節水型となっています。

オプション
写真

全自動アルカリ液調合装置  
本装置はアルカリ液の自動調合装置で、短時間に高精度で調液を作成することができ、新液の調合、及び回収液による回収調液もできます。
運転中に次のロットの調液が可能で生産性に優れています。

性能

品名
Product

シホンジョーゼット
Chiffon Georgette

梨地平織
Crape weave

ベネシャン
Venetian

目付
Units

6kg/110cm×46m

12kg/150cm×46m

15kg/150cm×46m

NaOH濃度
NaOH concentration

23%~24%

22%

18%~20%

処理速度
Processing speed

55m/min

50m/min

55m/min

減量率
Caustic reduction

23%

20%

20%

PAGE TOP