製品・サービス情報

繊維機械

シンプレックステンタードライ&ヒートセッティング

概要熱風循環システムフローティングシステムメンテナンス
概要
写真

“熱と風”ヒラノエンテックは長年の技術と経験をここに結集し HIRANOシンプレックステンタ-を完成しました。
合理的な熱風循環システムと独自のフローティングシステムは、シンプル化を追求した世界に類を見ない画期的なテンターです。省エネルギー高性能でシンプレックステンターは必ず貴社の御利益に貢献いたします。

図
ドライセット能力 エネルギー消費

30~50%UP

25~35%DOWN

熱風循環システム
省エネルギー
写真

外気流入と熱風流出を最小限にした熱風循環システムで、排気量を極限までおさえることに成功!大巾な省エネを達成できます。保温版には徹底した熱ロス防止を考慮しています。

世界一コンパクト
図

熱風循環システムと熱風ノズルの合理的システムにより、コンパクトでよりシンプルなチャンバーを追求しました。

従来機との比較

 

Chamber Volume

Comparison

Type HS-T
SIMPLEX TENTER

68.4m2

1

Type HS-A

136.8m2

2

Type HS-L

177.4m2

2.6

画期的なテレスコピックノズル(オプション)
図

フローテングノズルよりエアージェットされた熱風を、加工布に無駄なく全部作用する画期的なテレスコピックノズル(伸縮ノズル)を採用しました。これは布巾の変化に応じ、ノズル全巾を自動的に伸縮、追従させるものです。

加工布とノズル間隔最少設定で大巾能力アップ
図

テレスコピックノズルの採用で、加工布とノズルの間隔を最少25m/mまで接近させることができました。このため同じ風速、風量であっても総括伝熱系数が向上するため、大巾な能力アップが達成されます。

フローティングシステム
独自のフローティングシステム
写真

梯形ノズルから加工布にエアージェットした後、リターンエアーを各々の梯形ノズル間の隙間で規制します。そのときに生じる風圧によって加工布を浮かせます。

風量風速のコントロール自在
薄地、厚地、デリケートな繊維を風合よく仕上げるため、加工布に対応した風量・風速のコントロールを上面・下面それぞれ簡単に設定できる機構です。
図
チャンバーのジョイント部も完全フローティング
図

巾変えシャフトはノズルの最下部に位置し、梯形ノズル使用でチャンバージョイント部も同一ピッチでフローティングできます。従来機に見られたチャンバージョイント部でのフローティング不良によるピン外れ、巾変えスクリューシャフトの油汚れが解消しました。

均一な風速、温度分布
独自の熱風ファンとエアートランクを設け、風速分布を均一にすると同時に、風量アップとチャンバーボリュウムダウンにより、熱風循環回数が倍増され、温度分布は更に向上しました。又、テレスコピックノズル先端より強制エアージェットできる構造で布耳端部も均一に処理できます。
図
メンテナンス
メンテナンス容易
機内にもぐってメンテナンスする必要がありません。機体両サイドには大型全面扉があり、開くと機内のレールチェン、巾変え装置、熱風ノズル、熱源が一目瞭然です。
全て外部より手の届く位置にあります。
熱風ノズル取出しOK
エアーフィルターノズルは機外へ簡単に取外しでき、掃除が容易です。熱風ファンもモーター、羽根、ガイドベン一体で簡単に取外せます。
オートフィルター(オプション)の設置可能です。
ユニット化
各装置を1.5m長のユニット毎に弊社工場で組立てした後、貴社に搬入します。
据付は短時間
貴社工場での据付は、ユニット組立で工事期間が大巾に短縮されます。
既設機との入替、本機の移設が短期間で行えます。

PAGE TOP